広島電鉄縮景園前駅 徒歩1分の法律事務所

広島の弁護士による刑事事件相談

  • TOP
  • アクセス
  • お問い合わせ

0120-7834-09│予約専用ダイヤル

予約受付時間:平日9時~19時 土曜日10時~17時

  • TOP
  • ご家族ご友人が逮捕されたら
  • 私選弁護を依頼するメリット
  • 解決事例
  • 弁護士費用
  • 事務所概要
  • 依頼者の声

◆◆◆無料相談実施中◆◆◆

 

私選と国選弁護人の違い

弁護人は、弁護士しかなることはできず、国選弁護人と私選弁護人に分けられます。 
弁護人の権限そのものは国選弁護人も私選弁護人も同じですが、両者には以下のように大きな違いがあります。
 
国選弁護人は、国が選任する弁護人のことで、被疑者段階で選任される被疑者国選弁護人と起訴後に選任される被告人国選弁護人があります。

ただし、被疑者国選弁護人は、死刑又は無期若しくは長期3年を超える懲役若しくは禁錮にあたる事件のみに適用があります。 また、被疑者が勾留される前は、被疑者国選弁護人は選任されません。
国選弁護人は、被疑者や家族が選ぶことはできません。
 
これに対して、私選弁護人は、被疑者・被告人自身や家族が選ぶことができます。
また、私選弁護人は、事件の種類に関わらず、勾留前の段階で、また被疑者国選弁護人が選任されない事件でも起訴前の段階でつけることもできますので、不起訴や起訴猶予に向けた活動も行えます。

 

私選弁護のメリット

私選弁護人をつける大きなメリットは、
 (1)被疑者自身や家族が、どの弁護士をつけるかを選ぶことができること
 (2)事件の種類に関わらず捜査段階から弁護活動ができること
の2点です。
 
日本の刑事実務では、いったん起訴されれば無罪になる可能性は0.02パーセント未満ですが、起訴前であれば、59.2パーセントが起訴されずに解放されています。(平成24年度版『犯罪白書』)

実際の刑事事件の実務では、起訴されるかどうかは微妙な判断なのです。ですから、刑事弁護においては、捜査段階での弁護活動が極めて重要だと言えます。
 

 

 

telbana.png


刑事事件の実績539件(H21~H27末現在)。広島最大級の山下江法律事務所までご相談下さい。
 

弁護士紹介

事務所紹介

当事務所の解決事例

依頼者様の声

弁護士費用

アクセスマップ


 

 

Copyright (C) 2013 山下江法律事務所[広島弁護士会所属] All Rights Reserved.〒730-0012広島市中区上八丁堀4-27上八丁堀ビル703